コンタクトレンズ

目が悪くてもダイビングは楽しめます

視力の悪い人はとても多いと思います。私もその一人です。
普段は眼鏡をかけたり、コンタクトをしていると思います。
ただダイビングは海に入るので心配?海水が目に入ったらどうしよう?
そんな不安を持っている方がいるかもしれません。
でもご安心ください。ダイビングは目の悪い人でも楽しむことができます。

海の中では3割増し

海の中では光の屈折によって、物が近くに見えたり、大きく見えたりします。
約33%拡大して見えると言われています。
そのため、視力が0.7くらいあれば、裸眼のままで普通のマスクをつければ、十分にダイビングを楽しむことができます。

右の写真は一眼タイプのダイビングマスク

divingmask.png

目が悪い人はどうすればいいの?

ただ視力がどうしても悪くて、普段から眼鏡やコンタクトをされている人はやはりなにか工夫をしなければなりません。
1つは度付レンズのマスクをすること。もう1つはコンタクトレンズをはめて、普通のマスクをすることです。

度付きマスクとコンタクトとどちらがいいの?

どちらにもメリットとデメリットがあります。

度付きマスク

ダイビングのマスクにはタイプが色々ありますが、左右別々のレンズ(二眼レンズ)のマスクは、レンズを度付きの物に交換することができます。
マイナス1.00位~マイナス6.00位まであります。
自分専用の物を購入される際は、ダイビング用品販売店などで実際に見え方を確認された方がよいかもしれません

度付きマスク

<メリット>
裸眼でマスクをするため、例えマスクに水が入っても、コンタクトのようになくなったり、目に負担はかかりません。

<デメリット>
1つはまずレンズが高価であること。
そのためなかなか度付きのレンタルマスクは用意されていません。
もう1つは、海の中では快適なのですが、船の上では意外と不便です。
というのも眼鏡をはずすとほとんど人が、視力が0.1程度で物がはっきりと見えません。そのため船の上でダイビング器材を背負ったり、準備をするときにどうしても眼鏡代わりに度付きレンズのマスクをしていなければなりません。

ハードコンタクトレンズ

目のためにはソフトコンタクトレンズよりハードコンタクトレンズの方が良いので、日本の方はハードコンタクトをしている人が多いかもしれません。
ただプーケットではハードコンタクトレンズは売っていません。

<メリット>
少しの海水が目に入っても、レンズが傷んだりすることはないと思います。

デメリット

当たり前ですが、マスクの中に海水がたくさん入った時に目をあけてしまうと、レンズは外れてしまいます。
またダイビングの準備の時に目に手などが当たって、外れてしまうことがあります。
ダイビングでハードレンズをすることは避けた方が良いと思います。

ソフトコンタクトレンズ

普段は2ウィークや1ヶ月の使い捨てを利用されている人は多いと思います。
ただ旅行の際はワンデイのように洗浄液を使わずにすむものをしてくる方も多いです。

1デイソフトコンタクトレンズ

<メリット>
船の上も海の中でもいつも物の見え方は一定なので、安心感があります。
また水の中で目をあけてもレンズはなかなか外れません。

<デメリット>
海水に少しでもレンズが触れてしまうと、レンズが傷んで目にも負担がかかります。
※ 実際のダイビングでは、マスクが外れたり、目の上までも海水が入ってくることは稀です。
そのためワンデイタイプや2ウィークタイプのソフトコンタクトレンズをして、ダイビングを楽しんでいる方は多いです。
※ 講習などでマスクを外したり、マスクの中にいっぱいに海水を入れる練習をします。
その時は目を閉じて練習することも可能です。

プーケットでコンタクトレンズを買うことは可能なの?

先ほどもお話しした通りに、ハードコンタクトレンズはプーケットでは売っていません。もちろん洗浄液も同様です。
ただソフトコンタクトレンズならば、ワンデイ・2ウィーク・1ヶ月用があり、メーカーや度の強さも豊富に取り揃えてあります。
価格も日本よりも安く購入できます。

どこで買うことができるの?

眼鏡を売っているお店にコンタクトもあります。
プーケットにはそれこそ数百メートルおきに眼鏡販売店があります。

処方箋は必要なの?

日本とは異なり、コンタクトを買うために、眼科医の診察を受ける必要はありません。
処方箋がなくても大丈夫です。
眼鏡を買うのと同じ要領でコンタクトも買うことができます。

どうやって買うの?

眼鏡の販売店に、今使っているコンタクトレンズの箱を持って行けば、目のカーブや度の強さなどがわかるので、店員が同じものを出してくれます。
ただそういった情報が無くても、店では視力を測ったり、目のカーブなどを検査する器械が整っているので大丈夫です。

ソフトコンタクトレンズ説明

値段はどの程度?

写真にあるワンデイタイプで価格は480バーツ。日本円で約1,500円です。(2014年4月現在)
左右が同じ視力の人ならば、30個入りなので15日間使えます。
写真以外にもジョンソン&ジョンソンなどいくつか異なるメーカーがあり、値段にも幅があります。

2ウィークもほぼ同じ値段ですが、1ヶ月用の使い捨てコンタクトレンズは190バーツですから、約600円です。
2つ入りなので左右同じ視力の人は、これ一箱を購入すれば大丈夫です。

ソフトレンズ洗浄液も355mlのボトルで600円程度で買えます。小さなボトルもあります。

購入上の注意

日本で忙しくてコンタクトレンズを買いに行けない人や処方箋をもらうのに余分なお金を使いたくない人はぜひ参考にしてみてください。
ただあくまでも情報なので、自己責任で購入・使用するようご注意ください