昔ながらのタイのトイレ

タイではトイレのことを「ホーング(部屋) ナーム(水)」=水の部屋と呼びます。
いまでも田舎の方では、日本の昔ながらの便器のようなものと、そのわきにたらいがあって、用を足すとそのたらいの水でお尻を洗って、出したものを流します。
紙などありません。
お尻を水で流したら、手でパンパンとはらってパンツをはいてしまいます。

また同じ場所でシャワーも浴びます。
タイは暑い国なので、風呂桶はありません。
温水ではなく、昔ながらの家では水を浴びます。

もちろんシャワーではありません。
トイレの便器の近くには大きな水がめだったり、プラスチックの水桶があって、その中の水をかけてシャワー代わりにします。

なので日本では「お風呂に入る」とか「シャワーを浴びる」と言いますが、タイでは「アップ(浴びる) ナーム(水)」といいます。

日本との大きな違い

日本のトイレのイメージは、あくまでドライですよね。
スリッパを履いたり、靴下でトイレに入るのも当たり前。
ちょっと水が床にこぼれたりしているととても不愉快な気がするものです。

タイのトイレ

ただ、こちらタイでは、今お話ししたように、水の部屋なので濡れているのが当たり前。
そのため初めてタイを訪れる方は、ちょっと抵抗があるようです。
でも写真のように思ったよりきれいなトイレだと思います。

現在のトイレ

タイもヨーロッパ人や観光客が多くなったので、便器がいわゆる洋式のイス型のトイレが主流になりました。
ただ日本のように電動式のウォシュレットなどはまだついていません。
その代わりに手動のウォシュレットは、どこにでもついているようになりました。
「ハンドシャワー」なんて呼んでいますが、手の平に収まる大きさで、ぎゅっと握ると水が出てきます。
用を足した後、この水でお尻を洗います。

タイのトイレ

前から差し込む人、後ろから当てる人とそれぞれあるようですが、私は日本の電動の物よりこれの方が好きです。
ただ「お尻に当たった後の水が手に着くから嫌い」と言った日本のお客様がいましたが、そのあたりはあくまで「水の部屋」なので気にしないようにしています。

トイレットペーパーがない

先ほども話した通り、そもそもタイではトイレットペーパーは使っていませんでした。
そのため今でも置いていないところが多いです。
さすがにハンドシャワーで流した後、お尻の水をパンパンと払える観光客の方は多くないでしょうから、男性でも携帯ティッシュを持ってはいった方がいいです。

タイのトイレットペーパー

またそれぞれの個室には紙が無くても、入口近くや手洗いのところに大きなロールペーパーがあったりします。
その時は個室に入る前に紙を巻きだして準備してゆくとよいです。

トイレットペーパーは便器の中に流してはいけません

タイのトイレの配管は管が細いから詰まりやすい、というのが理由だそうですが、日本の紙のように水に溶けやすくないと言うのもその理由だと思います。
そのためお尻を拭いた紙は、備え付けのゴミ箱に入れるのが常識。
日本人にはとても抵抗がありますね。

ハンドシャワーで水洗いした後のトイレットペーパーならば、まだいいのですが、ハンドシャワーが無くてトイレットペーパーだけでお尻を拭いた後の紙をゴミ箱に捨てるのは未だに私も抵抗があります。
でも紙を流して、水があふれだしたらさらにたいへん。
トイレ掃除の方もそのあたりは慣れているようです。
決まりごとなのでこれは絶対に守りましょう。