和名

ミナミハコフグ(幼魚)

学術名

Ostracion cubicus

英名

Cube boxfish

ミナミハコフグ シャークポイント

特徴

幼魚の身体は真四角。指の先ほどしかない小さな個体になると、尻尾も短いので小さなサイコロのように見えます。色は鮮やかな黄色で、たくさんの黒色点があります。
太平洋の個体よりも、インド洋の個体の方がより黄色が鮮やかだと言われています。
ただこれが成魚になるにつれ、色が徐々に黄褐色になって、子供の頃の可愛らしさが消えてゆきます。
おちょぼ口の形だけは、幼魚も成魚も同じですね。

生態

幼魚は浅場のサンゴの中や岩場の中に住んでいます。
ただ成魚を見る機会はほどんどありません。
シミランのシャークフィンリーフでは、珍しく成魚を良く見かけるので、ポイントマップに説明が載るほどです。

ミナミハコフグ 成魚

ミナミハコフグ シャークポイント

写真を撮る

幼魚はその鮮やかな黄色からとても見つけやすいです。
ただカメラを向けるとサンゴの隙間などに隠れてしまって、なかなかじっくり撮影はさせてくれません。
それでも逃げ方を理解していると撮影しやすいかもしれません。
幼魚は逃げるとき数十センチ進むと必ず後ろを振り返ります。危ないとまた逃げては振り返りを繰り返します。
なのでしつこく追わずにしばらく待ってみるとよいと思います。
また鮮やかな黄色なので、ソフトコーラルの鮮やかな赤色と一緒に取るとより映えると思います。

プーケットで見られるポイント

どこのポイントでも見ることができます。
シャークポイントはより小さな個体が見られます。
また比較的見やすいのは、その他にラチャヤイ島ラチャノイ島ドクマイ島などです。

備考

プーケットでは良く見かけますが、同じタイでもタオ島ではめったに見ることが無いです。
そのため見つけると大騒ぎになるのに驚いたことがあります。
もちろん日本にたどり着いたときには、もうそれこそアイドルなんですってね。

ミナミハコフグ ラチャヤイ島