今日、プーケットダイビングにご案内したのは、ご家族。
お父さんとお母さんはそれぞれ100本、200本越えのベテランダイバー。
Sちゃんは、ハワイでバブルメーカーを体験して、今回は本格的な体験ダイビングに挑戦です。

天気は良かったのですが、高波が予想されたので、前日の夕方にホテルでダイビングの説明を済ませ、船酔いもしないでラチャヤイ島に到着。
さすがにラチャノイ島までは行くことが出来ませんでした。
Sちゃんもお父さんやお母さんと同じように、マイマスク・フィン・ウエットスーツです。

1本目からこんな感じ。
さすがハワイで一度バブルメーカーをしただけのことはあります。
バブルメーカーというのは、8歳~9歳の子供対象に、PADIが実施しているプログラム。
まだ大人と同じように深い場所まではダイビングさせられないので、水深2m程度の浅場を潜ります。
と言ってもダイビング器材はしっかりと、つけていくので、本格的なダイビングです。

浅場のサンゴの上を、家族で潜りました。
水底が金色に光っているように見えますよね。
これもサンゴで浅場は特に光が差し込むので、写真でもわかるようにダイバーの影が水底に写ってきれいですね。
キラキラ輝く景色をご家族で楽しんでいただきました。

2本目はドリフトダイビング。
ドリフトダイビングは、潜り始めた場所から、流れに乗って移動しながらダイビングを楽しむスタイルのこと
船まで戻ることないので、広い範囲を楽しむことができます。
写真のような沈バイクにも跨ってもらいました。

こんなかわいいツバメウオにも出会いましたよ。
身体が縦に長いまだ若魚です。
それでも黄色の胸鰭は成魚と一緒ですね。
Sちゃんも上手に写真に写ることができました。

これはブロックの中にいた、大きなモヨウフグ。
お父さんと一緒のSちゃんも、しっかり中性浮力をとりながら、魚を見ていています。
なかなかこの水深で体を安定させるのは難しいのですが、頑張っていました。

カマスの群れの中も泳ぐことが出来ました。
魚たちに囲まれる楽しみが味わうことができてよかったです。

3本目は、Sちゃんは船上でお休み。ご両親と一緒にファンダイビングです。
1,2本目はご家族で潜ることができて楽しかったのですが、どうしても水深は浅場が中心。
ベテランダイバーさんにもやっぱりプーケットらしいダイビングを楽しんでほしいと思っていました。
ちょうどあっちでもこっちでも群れが現れて、ファンダイビングができて私もほっとしました。

こんな大きなコブシメが2組いましたよ。
コブシメはコウイカの大きめのものをさしています。
つがいでいることが多く、このときもちょうど産卵中のコブシメに出会えました。

体験ダイビングのSちゃんも、ばっちり泳ぐことが出来て、特に2本目のダイビングではいろいろな魚の群れも見てもらうことが出来ました。
プーケットでご家族でダイビングを楽しんでいただけたのがとても良かったです。
またいつかプーケットに戻ってきてほしいと思います。
お待ちしています。