プーケット ダイビング ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ファンダイビング ツアー

今日は2組で、ご夫婦でご参加のY様と、H様は後からご予約いただきお一人で参加になられました。
Y様ご夫妻は私が。H様はミホとマンツーマンで潜っていただきました。
皆さんをラチャノイ島ラチャヤイ島3ファンダイビングにご案内しました。
★お客様の直筆のダイビングの感想を、お客様の声に掲載中★

2018年8月3日 プーケット ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ファンダイビング

今日は波は少しありましたが、天気は良かったです。
今の時期はまだまだプーケットは、雨季の真っただ中なので、どうしても波があるのは仕方ありません。
それでも天気が良かったので、太陽の光が差し込んでいるのがとてもきれいですね。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時の様子

1本目に潜ったのは、プーケットラチャノイ島
透明度もまずまずだったので、青い世界を感じてもらえると思います。
深場のサンゴの上には、こんな透明でキラキラしたグラスフィッシュが群れていて、ちょうどそこにユカタハタが通った時を狙いました。
ユカタハタの赤いからだと、青い世界、それに透明でキラキラしたからだが、とてもきれいですね。
ラチャノイ島の深場は、20mちょっとのところにこんな世界が広がっています。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、ユカタハタ

これはプーケットラチャノイ島のバナナベイらしい景色。
サンゴの上を覆っている水色の小魚たちは、スズメダイ。
デバスズメダイとかクジャクスズメダイとかアオバスズメダイとか、みんな同じような水色なので、私は景色の一部と考えています。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、スズメダイ

私が担当したファンダイビングのY様ご夫妻は、GoProをお二人順番で撮影していました。
最近はすっかりGoProが、水中カメラの主役になっています。
なんといっても撮影しやすいのが一番、Y様ご夫妻のように手首に着けたり、スティックにつけたり。
画像も4Kなどもあって、とてもきれいです。
ただぐっと近寄って、魚を撮るのはなかなか難しいようですよ。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、ツノダシ

ラチャノイ島では、ウミガメにも出会いました。
あちこちでダイバーさんが大興奮。
カメさんは大人気です。
このウミガメはタイマイで、甲羅が苔むしている感じがよくわかりますよね。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、ウミガメ

タイマイは普段はこんな岩やサンゴの隙間に挟まって休んでいることが多いです。
だいたい好きな場所は決まっていて、ここもよくカメさんが休んでいることが多い場所。
甲羅をこすりつけながら、狭い隙間に上手に入り込んでいきます。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、ウミガメ

これはプーケットラチャヤイ島
ちょっと透明度は落ちてしまいましたが、そのぶん魚はとても多かったです。
これはハナミノカサゴ。
水中で肉眼で見ると、もっと黒っぽく見えるのですが、光を当てるとこんな赤色に見えます。
ひれが少し太いのでハナミノカサゴですが、それ以外にもプーケットではひれが細い、ネッタイミノカサゴなども見られます。
欧米人はどれもこれもライオンフィッシュと呼んでいますが、日本人は分類するのが好きですね。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、ハナミノカサゴ

おとぼけ顔のサザナミフグ。
久しぶりの登場です。
ラチャヤイ島にはこんなブロック(欧米人はキューブと呼んでいます)がたくさん落ちています。
ブロックにはこんな大きなフグやハリセンボンが休んでいることが多いです。
それにしてもなんとも愛らしい顔つきをしていますよね。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、サザナミフグ

これは癒し系の代表、タイワンカマスの群れ。
今日はこのカマスの大群と一緒に、マテアジやフュージラーも群れも見ることができて、まさにお魚天国でした。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、タイワンカマス

こちらはマンツーマンで潜ったH様。
プーケットラチャヤイ島の沈船の中です。
なかなか中性浮力を上手にとって、余裕のピースサインです。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、沈船

とても人なつっこいツバメウオ。
ブロックの上にふわふわと群れていることが多いです。
今日もいっぱいいました。
これは若魚かな?
ツバメウオは幼魚のうちは縦長の身体で、成魚になるにつれてどんどん四角い体になっています。
人間も魚も子供の時の方がかわいらしいですね。

プーケットのダイビングでラチャヤイ島とラチャノイ島をファンダイビングをした時に見た、ツバメウオ

今日は船の中に何組も日本人のお客さんがいて、皆さん和気あいあいで楽しそうにお話ししていました。
私のショップはプライベートですが、こんな風に皆さんで楽しく船の上を過ごしていただけると、とてもありがたいです。
また是非プーケットの海にダイビングしに来て下さい。
お待ちしています。