プーケット ダイビング ラチャヤイ島 ファンダイビング 体験ダイビング ツアー

今日はベテランのファンダイビングのA様と、体験ダイビングがもう20本近くなるK様のお二人。

2018年8月6日 プーケット ラチャヤイ島 体験ダイビング ファンダイビング

今日は天気は良かったのですが、プーケットからラチャヤイ島までの間は、波が高かったです。
でもお二人とも船酔いもせずに無事、プーケットのラチャヤイ島へ

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

1本目のプーケットのラチャヤイ島No1ベイは、海の中はちょっと白っぽかったですね。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

1本目は、ちょっと心配だったのでファンダイビングのA様が体験ダイビングのK様と、手をつないで泳いでいました。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

でも2本目になると、たくさんの魚に囲まれてこの通り
これはツバメウオ。
下から見るとツバメが飛んでいるように見えるから、そう名前が付いたそうですが、ひらひらしてとても人なつっこい魚です。
こうしてダイバーの近くに寄ってきてくれます

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

こちらはタイワンカマスの大群。
もう先の先の方まで、ずっとカマスだらけです。
欧米人はバラクーダと言っていますが、私たち日本人から言わせると、これは塩焼きサイズのカマスですね。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

右にも左にも魚だらけで、お二人が別々の方向を向いている写真というのも珍しいです。
でも本当に右も左も、見渡す限り魚だらけだったんですよ

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

カマスの群れを見ながらしばし中層を漂っている写真。
カマスの群れは癒し系の代表です。
こうしてぼーと魚を見ているだけで、とても優雅な時間が流れていきます。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

のびのびと楽しそうですね。
ダイビングは無重力の世界です。
こんな風に体を仰向けにしたりすることもできます。
宇宙飛行士の訓練の時に、ダイビングを取り入れているそうですが、まさに宇宙を漂うってこんな感じなんでしょうね。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

体験ダイビングのK様。浅場のサンゴの上もこんなに上手に泳げるようになりました。
まだ緊張が解け切れていないのか、レギュレーターを手で押さえていますが、姿勢はとてもきれいですね。
目線が前に向いているのが何よりよいと思います。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ

プーケットのラチャヤイ島の浅場は、こんなサンゴが密生しています。
ハマサンゴの中に、エダサンゴも混ざっていて、水色やオレンジ色をしたスズメダイたちが、サンゴの上をふわふわと漂っている姿は、とてもきれいです。
浅場なので、日差しが入るとさらにサンゴが光って見えて、よりきれいなんですよ。

プーケットでダイビングをファンダイビングと体験ダイビングを、ラチャヤイ島で楽しんだ時に見た、サンゴ

もう20本近くも体験ダイビングをしているK様。
「そろそろライセンス取ったら・・・」なんて、ファンダイビングを楽しんだA様に言われていましたが、これからもぜひお二人でダイビングを楽しんでいただきたいです。
そしてぜひまたプーケットの海に戻ってきてください。
お待ちしています