プーケット 体験ダイビング ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ツアー

今日のお客様は2日間潜っていただく、R様とS様。
実はお二人とも体験ダイビングでご参加です。
2日間で計6本。もっと言うと昨日も他ショップで体験をしたので、3日間で計8本を潜ります。
そんなお二人、R様はまだ2回目でちょっとおっかなびっくり。
でもS様はもう10数回体験ダイビングをしている、体験マスターです。
★直筆のお客様の感想は、お客様の声に掲載中★

2018年08月13日14日 プーケット ラチャヤイ島 ラチャノイ島 ファンダイビング

そんなお二人と出かけたラチャノイ島、ちょっと波はありましたが、着いてみるととてもキレイ。
透明度は20m以上はあったかな?海が青く光っていました。
青い海に黄色い体がとてもきれいなアカヒメジ。
死んでしまって名前が付いたときは、赤くなっているのでアカヒメジというそうです。
でも海の中ではこんなに黄色がきれいなんですよ。
プーケットの海で黄色い魚の代表格です。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、アカヒメジ

浅場はこんなハードコーラルの上にオレンジや水色のスズメダイたちが、サンゴを覆うように漂っています。
体験ダイビングのお客さんでしたが、こんな浅場のサンゴの上も余裕ですね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、スズメダイ

インド洋の固有種コラーレバタフライフィッシュ
ちょうどいいタイミングで撮影することができました。
写真の撮られ方もとても上手ですね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、コラーレバタフライフィッシュ

最初は不安そうだったR様も、こんなに上手!
これはプーケットラチャノイ島の浅場にあるハードコーラルです。
こんなサンゴとサンゴの間もピースサインを出しながら、ゆっくり抜けることができました。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビング

これはサンゴの上に大軍になっているホソフエダイ。
とてもきれいな姿勢でサンゴの上を泳いでいますね。
ピースサインも出して余裕たっぷり。
魚の群れと一緒に泳いで楽しそうです。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、ホソフエダイ

体いっぱいで楽しさを表現しているS様。
まだちょっと控えめなR様
でも楽しそうでしょ。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビング

体験ダイビングなのに、立派なカメラを持っての参加。
なかなか体験ダイビングでカメラをここまで、使っている人はいないです。
さすが体験ダイビングマスター。
もうCカードを持ったファンダイビングのお客さんと同じレベルです。
彼女の写真を沢山写していましたね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビング

こんな水底ぎりぎりのハリセンボンと一緒に写るのは、なかなか難しいんですよ。
呼吸を上手にコントロールして、水底に近づいていました。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、ハリセンボン

これはサンゴの上に群れるグラスフィッシュ。
キラキラしてとてもキレイでしょ

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、グラスフィッシュ

3本目のプーケットラチャヤイ島では、こんなアカヒメジの群れが見られました。
体験ダイビングのなのに、お二人のスキルはもうファンダイビング並みでしたね。
青い海に黄色の魚とお客さんの姿がきれいに映っています。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島の体験ダイビングで見た、アカヒメジ

プーケットダイビングの日程が3日間取れると、オープンウォーター講習が実施できます。
今回のお二人も本当はオープンウォーター講習をしてほしいくらいに上手でした。
でも勉強の時間がとれなかったり、勉強は苦手というお客さんで、体験ダイビングで十分という方もいらっしゃいます。
明日もラチャノイ島ラチャヤイ島に行ってきます。
明日はどんな魚や景色に出会えるのかな?