今日はお一人で参加いただいたN様。
以前にもプーケットの海で潜られたことがある、プーケットリピーター様です。
★直筆のダイビングの感想は、お客様の声に掲載しています★

2018年8月27日 プーケット ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ファンダイビング

そんなN様と出かけたプーケットラチャノイ島、波は収まっていましたが、うねりがありましたね。
でも天気も良くて、透明度もよし、流れもほとんどない、とても良い条件でした。
マンツーマンなので、じっくり、たっぷり写真を撮らせて頂きました。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビング

インド洋固有種、インディアンダッシラスと一緒に
このスズメダイの仲間は、沖縄の方では、リュウキュウスズメダイと呼んでいて、ヨスジ・ミスジ・フタスジがいます。
プーケットにもいますが、そのヒトスジバージョンがインディアンダッシラス。
インディアンダッシラスは、インド洋の固有種ですから、この写真を見ると、「あっ、プーケットだ」と言うことになります。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングの時に見た、インディアンダッシラス

姿勢がキレイですね
遠くを見ている感じがよく出ています。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングの時に見た、サンゴ

プーケットラチャノイ島の深場はこんな景色がキレイ
エダサンゴの近くのサンゴの根には、こんなグラスフィッシュが群れていて、そのわきのサンゴのくぼみには、オレンジ色をしたキンギョハナダイが群れています。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングの時に見た、ヤマブキスズメダイ

びよ~んと伸びた、スパゲティイールです。
この写真からだけではちょっとわかりづらいのですが、このスパゲッティイールの身体は本当に真っ白。
しかも伸びている長さがチンアナゴの3倍くらいになります。
ぜひ実物を肉眼で見てほしいです。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングの時に見た、スパゲッティイール

圧倒的なホソフエダイの群れ
ちょうど顔が群れの中から見えるタイミングで撮れました。
ここも20mの深場ですが、魅力的なサンゴの根になっています。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングでみた、フタホシフエダイ

こちらはプーケットラチャヤイ島の深場の方の沈船。
24mほどあるので、少し光が足りなくて白っぽいですが、船の周りにはこんな黄色の魚たちがグシャッと群れています。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングでみた、沈船

ちょっと透明度は少し落ちましたね

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングでみた、沈バイク

ここはラチャヤイ島の浅場のサンゴの根、
岩にへばりついているのはハナミノカサゴです。
一匹いると、だいたい周りにもう数匹を見ることができます。
ふわふわっと泳いでいる姿の方がきれいなんですけど、こうして岩にさかさまになってへばりついているこが多い魚です。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングでみた、ハナミノカサゴ

ツノダシです。
黒と白と黄色のコントラストが本当にきれいな魚です。
遠目からでも目立ちますよね。
鼻の頭にお洒落なラインがあるのが特徴です。
映画のニモにも出ていました。
ちょっとキザな顔をしていましたが、ダイバーの間でも人気の魚です。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島でファンダイビングでみた、ツノダシ

今回はプライベートらしく、ゆっくりと、じっくりと潜っていただきました。
呼吸法も上手になって、浅場でもとても安定していましたね。
また是非プーケットダイビングに来てください。
お待ちしています