プーケット ファンダイビング ラチャヤイ島 ツアー

今日のお客様はご家族で参加のS様。
まだまだ10本に満たないビギナーですが、こうして家族でプーケットに旅行に来て、一緒にダイビングを楽しめるのはいいですね。
★直筆のお客様のダイビングの感想は、お客様の声に掲載中★

そんなS様ご家族と出かけた、プーケットラチャヤイ島
1本目にダイビングしたのは、ラチャヤイ島No1ベイの沈船。
皆さん、まだまだビギナーなのですが、なかなか上手に泳いでいましたよ。
透明度もまずまずだったので、楽しみながら泳いでいましたね。

沈船の中の様子はこんな感じ。
まだ10本のビギナーさんだったので、ちょっと沈船はドキドキだったのかな?
でもダイビングをしている楽しさが伝わってくるようですね。

鉄船から少し深場に行ったところにある、木の沈船の方も見てもらいました。
こちらの方はフエダイの群れがぎっしり。
よく見ると同じ黄色でも、線があったり、お尻に黒ポチがあったり、ちょっと体がぼてっとしていたり。
魚の種類が違うんですよ。

2本目は先ほど潜った沈船よりも、北にあるホームランリーフへ
ここはラチャヤイ島の東側の一番北に位置するポイント。
白い砂地の20m地点には、20年ほど前から沈船があります。
個々の沈船は、もうぺちゃんこで、とても中には入れません。
ただその沈船の周りにこんな黄色い魚たちが、それはもうぐしゃっと群れていたり、沈船の中をのぞくとグラスフィッシュがキラキラしています。

もう、あっちもこっちも魚だらけ。
個々の魚たちは、ダイバーがくると、さっと逃げてしまうので、見ている方は楽しいのですが、写真を撮る側はなかなかそのタイミングが難しいです。

これは少し個体の小さなフュージラーの群れ。
こんな魚たちが中層から降りて来て、私たちの目の前を、こんな風に覆ってくれます。
南国の海らしい光景ですね。

こちらは少し個体が大きくて、真っ青な身体のメニーラインドフュージラー。
今日はフュージラーの群れが、何度も流れてきました。
青い海に青い体も、とっても目立つんですよ。
しかもきれいです。

3本目はサイアムベイへ
サイアムベイはラチャヤイ島の北に位置する大きな湾。
ちょうどプーケットからラチャヤイ島に進んでくると、正面に見える湾です。
普段はなかなか潜るチャンスがない、サイアムベイですが、湾内の中央の18mライン付近にはこんなモニュメントがあります。

数年前にモニュメントができた頃は、オスメスの巨像と、左右に門番をしている鬼がいる門や、お寺などがありました。
それがダイビングに入るたびに、少しずつ倒れたりしていましたが、今回潜ってみるとモニュメントは、すっかり全部倒れてしまいました。
ちょっとこれだと雰囲気がないかな?
もう少し倒れないような工夫をしてもらっていたらよかったのに、と思います。

サイアムベイはこんなサンゴが一面に広がっている浅場があります。
近くで見ると表面が金色に光って見えて、とてもきれいです。
スズメダイの群れがサンゴの上を覆っているので、その間をこんな風にダイビングするととても気持ち良いですね。

今日は残念ながら、ラチャノイ島にはゆけませんでしたが、それでもたくさんの魚たちを見て楽しんでいただきました。
またぜひプーケットダイビングしに来てください。
お待ちしています。