プーケット ファンダイビング スノーケリング ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ツアー

今日はご家族でプーケットにご旅行にいらした、K様。
★直筆のダイビングの感想を、お客様の声に掲載中★

2018年9月1日 プーケット ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ファンダイビング スノーケリング

T様は100本潜っているベテランダイバー。今回はファンダイビングでご参加です。
奥様とお母さまは、Cカードをお持ちでないので、今回はスノーケリングでご参加です。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリング

今日のプーケットのラチャノイ島、天気は抜群で透明度も良く、ダイビングにもスノーケリングにもバッチリ。
写真を見ても、天気の良さがわかりますよね。
船から水面を見たときに、少し紫色に見えるところがサンゴの一画。
水色に見える場所は、砂地です。
今日利用した船には、スノーケリング専属のインストラクターもいて、サンゴの上にたくさん魚が群れている、魅力的な場所にも案内してくれて、たっぷりとスノーケリングを楽しんでいただきました。

ピースサインの先には、うっすらスノーケラーの姿
透明度の良いのがわかっていただけるでしょうか。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリング

この沈船は、水深3mにあって、周りがエダサンゴなので、写真写りはとても良いです。
体験ダイビングのお客様や、スノーケリングでも沈船が見えるので、びっくりですよね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、沈船

灰色にくすんだカビみたいに見える部分が、光を当てるとこんなピンク色になるんです。
とてもきれいですね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、サンゴ

ここはプーケットラチャノイ島のバナナロック。
名前の由来になっている巨岩がこの岩です。
浅場の方から入ると、こんな岩の隙間があって、間にはウミウチワなどのサンゴも映えています。

さすが100本ダイビング経験があるベテランダイバー。
こんな岩の間を余裕で上手に抜けてきます。カッコいいですね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、地形

ラチャノイ島のバナナロックと言えばエダサンゴ。
水深10mあたりから20mあたりに広がるエダサンゴは、枝先が青色でとてもきれいです。
エダサンゴの上には、カブラヤスズメダイやデバスズメダイが群れていて、その中を抜けるように泳いでいるのがこの写真。
とてもきれいですよね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、エダサンゴ

ここはプーケットラチャヤイ島の東側No1ベイ。
お馴染みの鉄船の沈船の、鉄の部分に同化していたカエルアンコウ。
錆びた鉄の色と区別がつきにくいですが、目と口がわかるでしょうか?

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、カエルアンコウ

数千匹のタイワンカマスの群れにも巻かれました。
このタイワンカマス、少し流れがある時の流れの上で見ることができます。
数千匹いるとはいえ、広いダイビングポイントなので、群れを当てるのにも一苦労。
でもこうして群れの中に囲まれると、とても幸せな気持ちになります。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、タイワンカマス

ぱっちりした目と、ぼんやり開いた口が特徴のネズミフグ。
ハリセンボンです。
GoProを使ってハリセンボンを撮影です。
背景の太陽とのシルエットがキレイですね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で、ファンダイビングとスノーケリングで見た、ハリセンボン

今回は、スノーケリングも楽しめるということで、ラチャノイ島ラチャヤイ島ツアーにしていただきました。
天気も良くて、ファンダイビングもスノーケリングもバッチリ楽しむことができて、目的が達成できました。
今日は誕生日だったT様。
ご家族で思い出に残るプーケットのツアーになったようで良かったです。
またぜひプーケットに遊びに来てください。
お待ちしています。