今日は風が強く、今にも雨が降り出しそうなお天気。
風はもう西風になっているので、雨季突入です。
2日ほど前のニュースでもそういっていました。

プーケット支援活動の会計報告

さて昨日5/21の寄付金の報告です。
日本円は、1名の方から5,000円を寄付して頂きました。

これで17日間の合計金額は、441,288円と16,700バーツになりました。
寄付をして頂いた人数も、98名となります。
ありがとうございます。

使ったお金は変わらずに、20,072バーツになります。

寄付についての詳細は5/5のブログ

プーケットの天気

さてプーケットの季節は乾季、雨季、それ以外に暑季なんていうのもあります。
この時期のプーケットを日本の人は雨季と呼ぶので、どうしても日本の梅雨のようなイメージを持ってしまいますよね。
欧米人はローシーズンというのですけど。。。
しかも、プーケットの天気予報を見ると、毎日雨と雷のマークになっているそうです。

でもそんな1日中、しかも毎日雨と雷のはずはなくて、朝晩に雷雨(スコール)が来て、それ以外は意外とカラッと晴れていることが多いんです。

果物天国のプーケット

プーケットのフルーツ

そんな今の時期は、美味しい果物が何種類も並ぶ、まさに果物天国のプーケット
写真にあるのは、大通りに面した果物屋さん。
一週間前にテントを張りだして、毎日どんどん広くなってゆきます。

プーケットのフルーツ

フルーツの女王と王様

手前あるのがマンゴスチン。
果物の女王様と呼ばれています。
中には白い粒が入っていて、上品な酸っぱさと甘さの果物です。

そして奥に並んでいるのがドリアン
果物の王様です。
強烈なにおいで有名ですが、その味はまさに王様にふさわしく、とても濃厚。
果物というよりは、デザートと呼びたい、そんな感じです。

プーケットのフルーツ

ドリアンには種類がいくつもあって、一番安い種類は1Kgで50バーツ(170円くらい)
高い種類だと1Kgで200バーツ(700円くらい)します。

ドリアンの種類

何が違うのかと言うと、味もそうなのですが、「食べごたえ」です。
あのとげとげの中には、黄色とか黄土色をした実が入っていて、私達はその実を食べます。
その実の中には種が入っているのですが、安いものは果肉が薄く、あまり食べた感じがしません。
高い品種のものは、果肉が厚く、食べ応えがある、そんな感じです。

ドリアンの季節は今から、大体9月頃まで。
今年はコロナの影響で、ドリアンの時期までにプーケットに来てもらえるかどうか?
そんな様子ですが、ぜひ一度はフルーツを食べに、プーケットに遊びに来て欲しいです。