今日は雨が降ったりやんだりのお天気。
夕方からは無料食糧配布をするので、雨に降られたくないな。

まずは支援活動の収支報告です。
今日の無料食糧配布の時に一緒に配る牛乳などと、今週の中頃にまた「寄付の棚」に行くつもりなので、その時のために、魚の缶詰やインスタントのおかゆや、今回は即席めんをそれぞれ100個ずつ買いました。
昨日は4,219バーツを使っているので、支出の合計は70,135バーツになりました。

さてその魚の缶詰ですが、こちらではปลากระป๋อง(プラーガポン)と言います。
サバかイワシのトマト煮の缶詰です。
左がSARDINEと書いてあるから、イワシで
右がMACKERELと書いてあるから、サバです。

日本では缶詰の種類はたくさんありますよね。
でもプーケットでおかずになる缶詰と言うと、このトマト煮の缶詰か、ツナ缶くらいなものです。

せめてサンマの缶詰が食べたいと思うのですが、それはちょっと高級なスーパーに行って、日本からの輸入でないと手に入りません。
ひじきとか、タケノコとか焼き鳥なんかあったら嬉しいんですけどね。

話がそれてしまいましたが、このプラーガポン。
15バーツくらいですから、50円くらいで手に入るとても一般的な食材。
ボートのスタッフなどは、そのままご飯と一緒に食べますが、ニンニクと小玉ねぎを刻んで入れると美味しくなります。

ただプラーガポンを食べた、とあまり胸を張っては言えません。
というのもお金がないときの非常食ってイメージがあるからです。
でも不思議と時々このトマト煮の魚が食べたくなったりもします。
意外と美味しいので、日本人の口にもあうと思います。

今週「寄付の棚」には、この魚の缶詰とインスタントおかゆと即席めんとミルクを袋詰めにする予定です。
また100袋作るのは、いや~、大変そうだ!