今日もゆるい日差しのプーケット。
風もそよそよと吹いて、それほど暑くなくてよいです。

さて今日で6月も終わり。
今年も半分が終わることになります。
コロナですっかり世界は変わってしまって、新しいスタイルにやむなく合わせなければならないことが多いです。

日本では明日からレジ袋が有料化されるんですよね。
有料化までのプロセスというか、導入されるまでにずいぶんと時間がかかったと思います。
日本は丁寧な国です。
でも裏を返すと、なかなか物事が決まらずに、先延ばしされる傾向がありますね。

プーケット マイバッグ
プーケットの大手スーパーのマイバッグ

タイではレジ袋の有料化はパッと変わりました。
一週間に一度、レジがもらえない日があって、最初は困ったんですけど、、、
それが2週間くらい続いて、、
次の週からは月が替わるので、「レジ袋は渡しません」そんな内容がレジのところにちょっと書いてあった気がします。

実際に月が替わると、容赦なくレジ袋がなくなりました。
最初はみんな困った顔をしましたが、すぐにマイバッグを持ってくるようになりました。
これが適応って言うんでしょうね。
マイバッグを忘れてしまった時は、しょうがないから買う量を減らしたり、頑張って買ったものを抱えます。

プーケットの人たちは、バイクか車でスーパーに行きますから、レジから駐車場まで荷物を抱えれば何とかなります。
でも困ったことが起こって、マイバッグを忘れた人が、買った荷物をスーパーのプラスチック製の買い物かごに入れて、車まで持っていってしまうということが続きました。
プラスチック製の買い物かごがないと、お客さんは買い物ができなくなるので、スーパーでは買い物かごに盗難用のタグをつけて、外に持ち出そうとするとゲートのところでアラームが鳴る仕組みになりました。
あとコンビニで、お弁当などをレンジで温めたときだけは、さすがにレジ袋に入れてくれます。
やけどしたら大変ですからね。
おそらく日本でも同じことが起こるんじゃないかな?

人は困ると何とかしようと工夫できる生き物だと思います。
良い方にも悪い方にもそれは働くと思うのですが、今回のコロナも良い方向に適応してゆきたいですね。