今日も天気の良いプーケット。

さて8月に入って、日本ではコロナの感染者が急増し始め、世界でも感染拡大が一向に収まらないですね。
タイは国内の新規感染者が出ていないので、観光業に携わっていない人たちは、できるだけ外国人を入れたくないと思っていうようです。

プーケット 空港

一週間ほど前にタイ民間航空局の局長が、「商業飛行の禁止は無期限である」と発表しました。
商業飛行は、外国人旅行者のことですね。

タイ国政府観光庁の副総裁も、
「早くても2020年末あるいは2021年2月の春節休暇の時期まで、一般的な外国人旅行者のタイ入国はないだろう」
といっています。

7月頃までは、このコロナももう少しの我慢。
そろそろ観光客がやってくるだろう、なんて淡い期待もしていました。

ただ8月に入って、上記のような発言が出てからは、世の中もすっかりトーンダウン。
プーケット在住で、日本人相手の観光業に携わっている友人との会話も、
「新しいビジネスを考えなくっちゃね~」
とか
「もうそろそろ踏ん切りをつけて、日本に帰ろうかな?」
なんて声すら聞こえてきます。

プーケット 株式

株とか投資とか、日本に賃貸マンションなどを持っている人は別として、ほとんどの人たちは蓄えを削って生活している状態。
それがいつまで続くかわからない、となると辛いです。

私もサイドビジネスとか、新しいビジネスを考えなければならないかな?
それとも嫁さんに食わせてもらおうかな?