今日も良い天気のプーケット。
でも今年は雨季だというのに、本当に雨がほとんど降らないんです。
ダムの水も蓄えがないと心配しています。

いちごジャム入りミルク

さてどこへ行っても不況とか、仕事がないとか言われていますが、タイ人はたくましいですよ。
写真にあるのは、牛乳の中にイチゴジャムを入れたもの。
実はこれ、嫁さんの妹2人が自宅で作っているんです。
お菓子もあって、日本のエビせんみたいな味がするタイのお菓子や、ケーキを自宅で作っています。

タイのえびせん

妹2人は自分の仕事はあったのですが、あまり収入もなく、長女が仕事を辞めたのを機に新しいことを始めたみたいです。

PP Shopのステッカー

こんなステッカーを作って、自分のお店をFacebookなどで宣伝しています。
牛乳にしても、お菓子にしても、ステッカーにしても、始めるぞとなってから一週間も経っていなかったんじゃないかな?
思いつくより行動が早いという感じでした。

近所にも最近、家の前に小机を出して、豚と鶏のから揚げを売り始めた女性がいます。
この前はムール貝を机いっぱいに並べて、売っていた男性もいました。

チャロン地区のムール貝売り

大通りの大きな信号には、信号待ちをしている運転手を相手に、物売りもいます。
以前からお守りの花を売る人はいましたが、この前はヤクルトを売っていました。
お菓子を竿に吊り下げて売っている人もいます。

みんな食べていくために必死で、「何かをしなければ!」という感じで、思いつく仕事を始めてるのだと思います。
日本では商売の規制があったり、衛生法などもあるから、そう簡単に食べ物を売ることはできませんね。
仕入れだったり、売り上げの計算や、税金などもあれこれ考えなければならないし、届けでもあるので、思い付きで仕事を始めるのは、なかなかできないと思います。

それに比べるとプーケットは、そういったしがらみはほとんどない、というかお構いなしのようです。
でも始めるのも早いですが、撤退するのも早いですよ。
思いつきで始めて、結局売り上げがないなんて、よくあることです。
でもそのたくましさには感心し、見習うところも十分にあります。