今日は1日、激しい雨が降ったり、やんだりを繰り返すプーケットです。
でも朝はしっかりウォーキングが出来ました。

さて今日は毎晩の夕食にしているサツマイモのご紹介
写真にあるのが、プーケットの大きなスーパーで手に入るサツマイモ
タイのサツマイモは紫色のものもありますが、甘みが弱いです。

プーケット サツマイモ

写真のサツマイモは、JAPANESE SWEET POTATOというブランドで、値段は紫芋の約2倍。
甘味も2倍くらいかな?
日本産となっていますが、中国の文字が書いてあるので、中国産(かも?)だと思います。

サツマイモはあまり高温すぎない温度で、じっくり時間をかけると甘みが増してゆくそうです。
日本の有名なサツマイモは手に入らないので、このJAPANESE SWEET POTATOを、茹でたり、蒸かしたり、焼いたりといろいろな方法を試してみました。

最初は茹でてみましたが、甘くなったのですが、お湯に甘みが解けてしまうのが難点でした。
後はトースターオーブンで焼いてみましたが、この芋だと思ったより甘みが出ませんでした。
結局、甘みを引き出して、しかも甘みを逃がさないのは蒸かすのが一番みたいです。

プーケット サツマイモ 切って塩水につける

まずサツマイモはあまり太すぎないのを選びます。
太いと蒸かしあがった後、割れてしまって、甘みが逃げてしまいます。

皮をむいて、塩水に30分ほど付けます。
塩水につけた方が甘くなるようです。
食べる時に皮をむく手間も省けます。

プーケット サツマイモ 並べる

5cmくらいの大きさに切ります。
やや厚め位の方が、割れずにねっとりした感じで蒸かせます。

プーケット サツマイモ 蒸かす

蒸かす時間は20分。
黄色がやや濃くなった状態が完成。
串を指すと、すっと通ります。
時間をかけすぎると、甘みが蒸気と一緒に落ちてしまったり、割れてしまってぱさぱさした触感になってしまいます。

プーケット 蒸かしサツマイモ

熱いまま食べても美味しいのですが、私は冷蔵庫に入れて冷やして食べます。
冷やした方が甘みが増すようです。

今は夕食は取らずに、このサツマイモを食べています。
特にダイエットを意識してはいませんが、年齢のせいか夜に食欲がわかず、サツマイモ位がちょうどよい量みたいです。

コロナのせいで海に出られないので、こんなブログの内容になってしまってスミマセン。
でも結構、あれこれ試して、美味しい食べ方を探り当てたので、もしよかったら試してみてください。