今日も良い天気のプーケットです。

さて毎朝、目が覚めて、スマホのスイッチを入れる時はドキドキします。
日本で大きな地震が起こってはいないか?
世の中が大変なことになっていたりしないか?
そんなことを気にしています。

そんなことを思いながら今日もスイッチを入れたのですが、Facebookを見ると、プーケットの日本人の仲間の旦那さんが亡くなったというのがアップされていました。
私よりも早くからプーケットに来て、タイ人の旦那さんと息子、娘と一緒に、パトン地区のナナイでホテルを経営したり、お菓子作りをしていた、日本人の奥さんです。

プーケット お葬式

タイ人の旦那さんはまだ50歳の若さだったそうです。
子供たちもまだ学生をしています。
これから大変なんだろうなと思います。

SNS

プーケットに住んでいるので、日本の方や親交のあった方たちに、どういう方法で伝えたらいいか?そんなコメントを載せながら、Facebookで報告をしていました。
なかなか身内が亡くなったときに、日本のように身近に知り合いもいないし、こういう時代だからFacebookという手段で、皆さんに連絡を取るのも確かにある方法なんだなと思いました。

近いうちに日本人の知り合いと一緒に、お宅に行って声をかけてこようと思っています。
謹んでお悔やみを申し上げます。