今日は雨が降ったりやんだりの天気です。

このコロナになって家にいる時間が多くなって、「それでもできる仕事をしなくては!」と真面目に考える一方で、悪魔が頭の片隅で「どうせ時間はたくさんあるんだから、少しくらいのんびりしろよ!」と言っている。

そんな悪魔のささやきが聞こえる時、それでも羽目を外し切れず、せめてYoutubeくらいなら見てもいいかな?と思う、小心者の私。
自分が好きなジャンルはだいたい決まっていて、人が成長してゆく様をドキュメンタリーにしたもの。

日の丸

弱小だったラグビーの日本代表が、どうして強豪のサウスアフリカやスコットランドなどに勝てたのか?
舞台の裏側を描いたドキュメンタリーはいくつもあって、繰り返し何度も見ています。

あとはワールドベースボールクラシックだったり。
あの時も敗者復活戦からの優勝や、イチローの苦悩や劇的な勝利がありましたね。

オリンピック メダル

もっと古くなると、冬季オリンピックのジャンプの団体戦で、原田が失敗して、4年後の長野オリンピックで金メダルを取ったとか。

スポーツだけ見ても、そんなドラマがたくさんありました。
スポーツに限らず、NHKのプロジェクトXなどは、日本が努力して掴んできた栄光とか技術とかをドラマに仕立て上げていました。
数えきれないくらいあったと思います。

根性

私達は子供の頃から、巨人の星とかアタックNo1とかスポ根を見て育ちました。
真面目とか努力とかが、体に染みついています。
ひと時そんな根性とかが、笑いのネタになったことはありますが。
今こうして、どうしようもなかった日本が、世界の舞台で活躍する姿のドキュメンタリーが見られて、「いい国に生まれたな」と思うことがあります。
日本に住んでいないから、余計にそう思うのかもしれませんね。

あと10年して、順調に老後の生活が迎えられたら、読書とかこんなドキュメンタリーの動画を、毎日飽きるまで見たいな、なんて思っています。
それまでは頑張らなきゃいけないですよね。
そしてこれからも日本に頑張って欲しいです。