今日は1日中雨の予報ですが、意外と晴れ間も見えています。

さて私のショップに予約をされるお客さんは、ほとんどがホームページを見てきます。
日本の方は、GoogleとかYahooとかを使って、ホームページを探しますが、ほとんどの方が「プーケット ダイビング」と言う検索ワードを打ち込んでいると思います。

グリーンダイバープーケット スマホ ディスクリプション

私もこの「プーケット ダイビング」で、グリーンダイバープーケットが何位になっているのか?
毎日チェックしていますし、統計もとっています。
ショップの経営にかかわる重要な要素だと持っています。
上位に食い込んでいれば、メールも入ってきますが、1ページ目から外れたりすれば、メールも来ません。

その「プーケット ダイビング」で上位に入る鍵、そしてお客さんがホームページを開いてくれるかどうかは、そこに書いてある説明文で決まってきます。

「プーケットのダイビング|完全プライベート制ならグリーンダイバー」
なんていう見出しや、
「プーケットのダイビングを1日1組、だからブランク・初心者も安心。、、、」
なんていう説明文を見た事があると思います。

グリーンダイバープーケット パソコン ディスクリプション

お客さんはこの説明文を見て、どういうショップなのかを想像するんだと思います。
なので今までは、他ショップとは違うプライベートを印象付けるような文章にしていました。

ただコロナになって、お客さんの数が減ったので、プライベートというか少人数なのは当たり前になっています。
そこで昨日からは、写真のように、コロナ後のショップの活動をアピールする文言に変えました。
コロナの最中でも、続けてきたこと、続けていることを文章にして、他ショップとの違いを示したいと思っています。

でも日本の人は、こういう自己主張って、あまり好みませんよね。
「能ある鷹は爪を隠す」とか「不言実行」なんていう、慎ましやかなところが好みです。

ただこのコロナの中で、こだわって地道に続けてきたことを、やっぱり知らせたい。
他ショップとの違いを分かって欲しいと言う気持ちから、写真の文章に変えてみました。

ご存じのように今現在、ダイビングのお客様はみなさんタイ在住の方です。
ただそのお客さんの数は、きわめて少数です。
土日や連休に数組いるだけではないでしょうか?
それでもプーケットに日系のダイビングショップが10社近くあります。

その中には、このコロナになってスタッフをすべて日本に帰したショップもあります。
ホームページはあっても、ブログもなにも更新していないショップはたくさんあります。
クラウドファンディングでお金を集めて、経営資金に充てているショップもあります。
また、これからクラウドファンディングを始めようとしているショップもあります。
ただ「プーケット ダイビング」と検索しただけでは、そのショップの活動はわかりません。

日本からのお客さんがプーケットに来られるようになるまで、タイ国内のお客さんに私のショップを分かっていただく工夫や、他ショップとの取り組みの違いを知らせる工夫は、続けていこうと思っています。

ブログも続けてゆきますので、内容にかかわらず、毎日ブログを開いていただけると、とても助かります。
宜しくお願いします。