今日も天気の良いプーケット
でもやっぱり風が強いです。

さて月曜日になったので、労働許可書の更新に行ってきました。

例年、労働許可証は待合室で2時間ほど待たされます。
それはそうですよね。
1人の労働許可証に書類が83枚あるんですから、それをスタッフがチェックしていたら、20分くらいあっという間に経ってしまいます。

しかも観光業で成り立っているプーケット。
ホテルの数はもう数えきれないほど、レストランやスパ、私達のようなダイビングも含め、プーケットで労働許可証をとって働く外国人の数は、とてつもない数だと思います。

労働許可証発行の待合室

なので今日も役所が開く8:30よりも前に到着できるように、気合を入れて家を出ました。
15分ほど早く着いたのですが、今日は月曜日。
「ちょっと遅かったかな?」なんて思いながら、待合室に行くと、いつもは座り切れないほどいる人たちが、今日は誰もいません。

もちろん受け取った整理券の番号は1番。
2番の人が来たのは、9:00近くになる頃でした。

考えてみれば当たり前のことで、外国人観光客が入ってこないプーケットは、観光業はストップ状態。
わずかに稼働しているホテルも数えるほど。
ましてや外国人観光客がいないので、外国人スタッフを雇う必要もないということなのでしょう。

プーケットで働いていた外国人は、母国に帰ったのか?
それとも労働許可証をとらず、働かないでいるのか?
まさに今のプーケットを象徴しているような、役所の雰囲気でした。

プーケットでダイビングなら1日1組【グリーンダイバープーケット】
お問い合わせはこちら