もうずっと天気の良いプーケット。
ダイビングになかなかいけないのが残念です。

さてタイトルに「なんで冷奴にパクチーを乗せないの?」なんて書きましたが、
日本人なら、何を言っているんだろうと不思議に思ったかもしれません。

タイのネギは、日本で言う「わけぎ」

プーケットのパクチーとネギと一緒のもの

私はプーケットでも冷奴を食べます。
日本の豆腐のように1丁ずつパックで売っていますし、キッコーマン醤油もあります。
チューブ入りショウガも売っています。

そしてネギも刻んで乗せているのですが、ただ日本の長ねぎは輸入品になるのか、ちょっとお高いです。
タイでネギというと写真中央のような「わけぎ」が一般的。
トンホームと言って、ネギとか長ネギと訳されています。
なのでこのトンホームを刻んで、冷奴に乗せています。

タイでは、ネギとパクチーが一緒に売られています

パクチーとネギは一緒に売られている

実はこのトンホーム。
トンホームだけでも売っているのですが、タイではパクチーと一緒に、輪ゴムで縛られて売られていることが多いです。
「なんでパクチーとトンホームが一緒なの?」と嫁さんに尋ねると、「香りが似ているから」だそうです。

「トンホームとパクチーが同じ匂い?」と思うのですが、タイ料理で有名なトムヤムクンや、タイの春雨サラダのヤムウンセンに、トンホームとパクチーを一緒にいれるみたいです。
だから市場でも一緒に売られているんですね。
なのでタイ人の嫁さんにとってみると、トンホームもパクチーも同じものになるみたいです。

なので私が冷奴にトンホームだけを乗せると、嫁さんは「なんでパクチーも乗せないの?」ということになるみたいです。

ちなみに

ちなみにトンホーム、日本ではわけぎですね。
これについて調べてみると、わけぎは玉ねぎと長ネギの雑種なんだそうです。
見た目が似ている「あさつき」との違いは、白い部分が球根のようになっているのが「わけぎ」で、スーッとしているのが「あさつき」だそうです。

これも余談ですが

プーケットのパクチー

ちなみにこれも余談ですが、タイの人はパクチーだけを食べることはしません。
あくまで料理を引き立てる薬味です。
当たり前ですが、パクチーサラダなんてものは、タイには存在しません。
逆にそれなら日本人は、ネギだけをサラダで食べるのか?と言われかねません。

よく海外旅行に行って、スーパーや市場を覗くと、その国の人たちの暮らしぶりがわかるなんて言いますが、チャンスがあったらぜひ野菜売り場ものぞいてもらいたいです。

グリーンダイバープーケット 奈良 イラスト

プーケットでダイビングなら1日1組【グリーンダイバープーケット
ショップは、Google口コミ448件で、平均☆5.0
教え方が好評な日本人インストラクターが担当します
お問い合わせはこちら