ここ数日、夜明け前に雨が降り始めて、ウォーキングができないので、なんだか身体が重い気がします。

先進国はワクチン接種が進んでいますね

プーケットのワクチン接種

さて世界的に新型コロナのワクチン接種が進んでいますね。
ニューヨークでは7割の市民が接種を終えて、マスク以外の規制が解除された、なんていうニュースが載っていました。
日本でも企業などの集団接種が進んでいるみたいですね。

プーケットも多くのタイ人が1回目の接種を終えています。
外国人の労働許可証を持っている人達、私も含めた多くの外国人も、1回目の接種を終えています。
ワクチンは中国製のシノバックスです。
7月からは外国人の観光客を受け入れる体制を取っているので、今月中に2回の接種を終えるのに必死です。

プーケットもコロナの感染者は、ほとんどいなくなりました

コロナ対策が功を奏しています

新規感染者の数ももうここしばらく、0人が続いているようです。
まだ入院している患者はいるようですが、市中でコロナの感染を心配する声は聞きません。

これはワクチン接種の効果というよりも、徹底した水際対策が功を奏していると思います。
空港をはじめ、プーケットと本土とを結ぶ橋の検問所では、ワクチン接種証明とPCR陰性証明の2つがないと入県できないという、厳しい措置をしっかりととっています。

また飲食店でアルコールを提供しないのはもちろん、マスクは屋外では必須、ステイホームもしっかり定着しています。
島民一丸となってコロナの抑え込みに協力している成果ではないでしょうか?

学校も通常登校、ダイビングボートも催行しています

プーケット 日帰りダイビングボート カマラダイブセンター

今週からは島内の学校も登校が始まりました。
ダイビングボートも現在は運行を開始しています。
ダイビングショップあてに、催行決定スケジュールを流しているのを見ると、週に2日ほどのペースでボートを出しているようです。

ただ見通しは、まだまだ明るいとは言えない

オリンピック

ただこの先の見通しはまだまだ明るいとは言い切れません。
7月に外国人観光客を受け入れるとなっていますが、肝心のプーケット直行便の飛行機が飛ぶのは、ヨーロッパからの数か所の都市だけです。
またワクチン接種証明とPCR陰性証明が、プーケット入県の条件である以上、日本の観光客はまだまだ見込めそうにありません。
まぁオリンピックが開催されれば、例え旅行ができるようになっても、オリンピック期間はテレビにかじりつきになるでしょう。

8月中旬のお盆も国内旅行はできても、安心して海外旅行をする雰囲気には、まだまだならないかもしれません。
ただこのあともワクチン接種は進むことでしょう。
ニューヨークのように規制解除、とまではいかないにしても感染の心配がなくなる日も、そう遠くはないと思います。

プーケットは10月から乾季入り。それまでには、、、

10月からはプーケットは乾季に入ります。
次の乾季からこそは、日本のお客さんがプーケットに大手を振って旅行に来られる、そうなってもらいたいものです。
あと数か月、今はダイビングもせずに、毎日パソコンに向かって、副業をしている毎日ですが、日本のお客さんが来プーケットするその日まで、なんとか持ちこたえたいと思っています。
その時はぜひプーケットにダイビングしに来てください。
お待ちしています。

グリーンダイバープーケット 奈良 イラスト

プーケットでダイビングなら1日1組【グリーンダイバープーケット
ショップは、Google口コミ448件で、平均☆5.0
教え方が好評な日本人インストラクターが担当します
お問い合わせはこちら