ここ最近、とても安定して良い天気のプーケット
雨季とは思えない、気持ちよい日が続いています。

東京の感染者数が日に日に増えて心配です

オリンピック

さてオリンピックまであと一週間になりましたね。
でも東京は感染拡大に歯止めがかからなくて、ここ数日は1,000人越えの新規感染者がでているとか、、、
プーケットでニュースを見ている私ですら、とても心配です。

タイの今日の感染者数は、1万人を超えたそうです

プーケット 新型コロナワクチン接種

ただ日本の心配ばかりもしていられません。
TBSの今日のニュースで、タイのコロナ感染の状況が流れていました。
ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

タイ全土では10,000人を超える新規感染者が出ているそうです。
特にバンコク周辺は数が多く、夜間の外出禁止令やレストランでの食事ができないといったロックダウンの状態になっています。
政府はあれこれ対策を立てていますが、なかなか新規感染者の数が減っていかないのが現状です。

今年の4月までは、コロナを抑え込んでいる国の一つに上がっていたのですが、瞬く間に感染が拡大してしまいました。
バンコクはワクチン接種率が、まだ5%に満たないという数字を見て、びっくりしました。

プーケットはほとんど感染者が出ていません

プーケット 地図

プーケットはたびたびブログでもお伝えしていますが、島民のワクチン接種率は90%を超えています。
ほぼ100%に近いと思います。

サンドボックス計画中ですが、海外から訪れる観光客の中には、PCR陽性の方が数人は出ているようです。
とはいえ、観光客も島民も、PCR陽性になったところで、ただちに病院で隔離が行われていますので、プーケットはコロナの抑え込みは上手くいっていると思います。
新規感染者は出ていますが、日に数える程度です。

そのためバンコクと違って、夜間の外出もできますし、食事も当たり前にレストランで食べることができます。
普段生活をしていて、コロナの心配は感じることはほぼありませんし、島内にいる限り生活の窮屈さを感じることはありません。

ちなみにプーケットのサンドボックス計画で、島を訪れた観光客総数は、この2週間で5,473人になっているそうです。

サムイ島でも海外観光客の受け入れが始まりました

タイ全土を見ると、プーケットと同様に、太平洋側の観光地サムイ島でも、海外の観光客の受け入れが始まりました。
あちらは小さな島なので、空港があるサムイ島以外にも、観光地のパンガン島やタオ島で、観光客を受け入れているそうです。
ただプーケットほどは、旅行者が集まっていないみたいです。

プーケット、サムイと海外の観光客の受け入れを始めて、次はパタヤの開放になるそうですが、それまでにバンコクのコロナが収まってほしいものです。
観光業の私たちにとって、まだまだ厳しい状況は続きそうですが、サムイなどの明るい話題を糧に頑張り続けます。
皆さんも健康にはくれぐれもお気をつけて、お過ごし下さい。

グリーンダイバープーケット 奈良 イラスト

プーケットでダイビングなら1日1組【グリーンダイバープーケット
ショップは、Google口コミ448件で、平均☆5.0
教え方が好評な日本人インストラクターが担当します
お問い合わせはこちら