プーケット ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ファンダイビング ツアー

今日のお客様は、1ヶ月に1回くらいのペースでプーケットダイビングに来ているY様
すっかりダイビングの魅力に取りつかれて、年末にはシミランクルーズも予約している熱心ぶりです。
そんなY様と、今回は2日間、ラチャノイ島ラチャヤイ島3ファンダイビングに出かけます。

★お客様の生の声(コメント)を、『お客様の声』でご紹介しています。★

2021年12月6日 プーケット ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ファンダイビング

1本目はラチャノイ島のバナナベイ。今日は少し波がありましたが、透明度はまずまずでした。

プーケット ラチャノイ島 エダサンゴ

インド洋の固有種、ブラックピラミッドバタフライフィッシュ。
本当は群れる魚ですが、プーケット周辺では、2~3匹でいることが多いです。

プーケット ラチャノイ島 インド洋 固有種 ブラックピラミッドバタフライフィッシュ

天気が良いのがわかりますよね。
透明度も良いので、砂に影が映ってきれいです。

プーケット ラチャノイ島 浅場

ラチャノイ島カマスの大群は、このポイントの売りの一つ。
青い海にカマスの銀色の身体が光って、きれいです

プーケット ラチャノイ島 カマスの大群

カマスの群れが一斉に移動している様子が映っています。目が回りそうですね?

2本目は、バナナベイの南側をダイビングしました。
こんなサンゴの上に、オレンジや青色のスズメダイが群れて、きれいです。

プーケット ラチャノイ島 サンゴ スズメダイ

一面に広がるエダサンゴ

プーケット ラチャノイ島 エダサンゴ

日本ではユメウメイロって言うのかな?プーケットではジャイアントフュージラーと言っています。
青い海に、青と黄色の身体が映えますね

プーケット ラチャノイ島 タカサゴの群れ

ラチャノイ島のあちこちで見られるグラスフィッシュ。
透明でキラキラして、癒し系の代表です。

プーケット ラチャノイ島 グラスフィッシュ

ラチャノイ島ではこんな絨毯のようなサンゴが見られます。
バナナベイのここが一番、きれいだと思います。

今回はのんびりゆっくりダイビングを楽しみたいと言うことで、ピピ島までは行かず、透明度の高いラチャ方面で2日間潜ります。
明日はどこのポイントをダイビングできるのか?
また違った景色が見られると思いますので、その様子も追ってご紹介したいと思います。

プーケット ラチャノイ島 サンゴ

今日のラチャノイ島ラチャヤイ島3ファンダイビングツアーの様子を、スライドムービーでご紹介しています