10/26 タイの健康保険

ここ数日、海に行っていない私。
でもこの先のお客さんの準備で、毎日朝から晩までパソコンに向かっています。
これもお客さんのためですから、「No Choiceです」
とは言え、こんな時間を使って、日本の両親に電話をしたり、昨日は生命保険の支払いに行ってきました。

プーケットと言うより、タイでも日本の健康保険のような仕組みがやはりあります。
労働者(一般人も加入できる)は、企業が50%、個人が50%を払って、社会保険に入るのですが、支払金額は個人の分が月々1,500円程度。
指定の病院(主に国立病院)で、無料で治療が受けられます。
でも日本人のスタッフはもちろんいません。
2時間待って、診てもらえる時間はおよそ2分程度。
野戦病院なんて呼んでいる人もいました。

でもお医者さんは日本でも勉強した一流の先生もいますし、施設もしっかり整っています。
でもタイ人以外の患者はほとんど見かけません。

まあ日本人の旅行者の方は、海外旅行保険をかけてきたり、クレジットカードに付帯している保険がありますから、日本人通訳もいるきれいな市立病院のゆくことをお勧めします。

社会保険ではなく、タイの生命保険についてはまたの機会にお伝えしたいと思います。