ダイビングボート

プーケットの日帰りダイビングツアーは、どの方面もボートダイビングになります。
ボートはダイビング専用船で、ファンダイビングのお客様はもちろん、講習生のためのテーブルやスノーケラーのためのフィンやマスクも用意されています。
お客様により快適な1日を過ごしていただけるように、安全性やサービスを追求しています。(ラチャヤイ島行きのボートがモデルです)

ダイビングボート

特徴

タンク交換の必要ありません

ボートにはおよそ40本のタンクが積まれています。
タンク充填機(コンプレッサー)を積んでいるので、1本潜り終えたら残圧を確認して、ファーストステージだけをはずしておけば大丈夫。
水面休息の1時間でボートクルーが空気を充填してくれます。
タンク交換の必要はありません。

日帰りダイビングボート コンプレッサー

トイレ・シャワーを完備

ボートには2~3か所のトイレがあります。各トイレの中には、
・水洗トイレ
・真水シャワー
・洗面台
・ボディソープやシャンプー
・鏡 が完備されています。
最終ダイビング終了後はしっかりと塩を洗い落として、着替えをしてホテルに戻ることができます。

ダイビングボート トイレ

軽い朝食がついています

朝のホテルピックアップ時間は7:30~7:45。ホテルの朝食を食べるには少し時間が足りないと言う方もいると思います。
そんな方々のためにボートには軽い朝食を用意しています。
日によって、サンドイッチだったりホットドックだったり、ポテトやソーセージを炒めたメニューだったりします。
トーストや菓子パン、フルーツなども用意されていますので、ダイビングポイントに着くまでに小腹がすいても安心です。

ダイビングボート コーヒーカウンター

水平線を眺めながら昼食

昼食はボート上でとります。
バイキング形式になっていますので、お好きなものをお好きなだけ召し上がっていただきます。
辛さ控えめのタイ料理が中心で、水平線を眺めながら潮風に当たって食べるランチの味は格別です。
肉や魚が食べられないベジタリアンの方には特別ランチも用意することができます。
(食物アレルギーがある方は、事前にお申し出ください)

日帰りダイビング ボート昼食

ゆったりとしたスペース

ダイビングデッキから階段を上ると、ボートの先から後ろまでいっぱいのオープンエリアが広がっています。
ダイビングポイントに着くまでの間、水平線を眺めながら潮風に当たるのはとても気持ち良いです。
また南国の太陽を避ける屋根もついていますし、中央のクーラーボックスにはコーラなどの清涼飲料水も入っています。

ダイビングボート オープンエリア

横になるスペースもあります

1階前部のスペースはエアコンのあるドライエリア。
深夜到着で睡眠不足のお客さんや船酔いが心配なお客様などは、ポイントに着くまでの時間を横になって眠ることもできます。
またオープンウォーターやアドバンスなどの講習生はテキストをひろげて勉強することもできます。

ラチャヤイ島 ダイビングボート船内

その他

どのボートにも緊急用の純酸素ボンベやファーストエイドキットが用意されています。またボートによってはコーヒーマシーンが載っていたり、厨房にあってボート上で食事やパンケーキなどが作れる船もあります。

緊急酸素