プーケット ピピ島 シャークポイント ファンダイビング ツアー

今日のお客様は2年半前に、体験ダイビングで参加されたお客様。
今回はアドバンスドダイバーになって、日本で50本ほど潜って、ファンダイビングでご参加になりました。

2021年12月31日 プーケット ピピ島 シャークポイント ファンダイビング

ご案内したのはピピ島マリンパーク3ファンダイビングツアー
今日は少々波がありましたが、予定通りに1本目は、ピピ島のビダノックから入りました。
透明度はあまりありませんでしたが、キンセンフエダイの群れは健在です

ピピ島 ビダノック キンセンフエダイ

映画の舞台、マヤベイの裏側に当たるロサマベイです。
スピードボートが集結していて、ここから島に上陸できるようになったみたいです。
島の中のジャングルを抜けると、マヤベイに出られます。

ピピ島 ロサマベイ

今日の2本目は、ピピ島のパロンウォール。
ここはサメに出会えるポイントですが、サンゴも豊富で、岩肌がカラフルなソフトコーラルで華やかに見えます。

ピピ島 サンゴ

まだまだ新しい3mmのロングスーツなので、浮力調整が大変そうでした。
それでも2本目は姿勢が安定してきましたね。

ピピ島 パロンウォール

コバンザメをくっつけた大きなネズミフグ(ハリセンボン)

ピピ島 パロンウォール ハリセンボン

シャークポイントはウミウチワがきれいです

プーケット シャークポイント ウミウチワ

イソギンチャクの裏側の紫色と、サンゴの赤色がきれいです。

プーケット シャークポイント カクレクマノミ

3本目なので、少しくらいかな?こんな大きなカイメンとウミウチワがシャークポイントらしさです。

プーケット シャークポイント

プーケット周辺のアンダマン海の固有種。真っ赤なトマトアネモネフィッシュです。

プーケット シャークポイント トマトアネモネフィッシュ

60歳を過ぎてから始めた今日のお客様。
1年間で50本ほど潜りこんでいます。
まだまだ中性浮力を取るのに苦労されていますが、これからの楽しくダイビングを続けてほしいです。
そしてまたプーケットの海に戻って来てください。
お待ちしています。