ここ最近のプーケットの天気は、日中は雨はほとんど降りません。
ただ朝起きてみると、道路が少し濡れているので、夜中に雨が降っているのかもしれません。
日差しもちょっと雲に隠れて、過ごしやすい気候です。

ダイビングは週に1回程度

さてコロナ禍になって、もう2年数か月。
まだ日本が完全開国していないので、日本からのダイビングのお客さんはほとんどいません。
バンコクなどタイ国内のお客さんが、週に1日程度いてくれて、私もようやくダイビングができている感じです。

ダイビング以外では、、、

毎日、在宅ワークは2~3時間

相変わらず日本の会社から仕事をもらって、在宅ワークはしています。
1日に2~3時間程度、パソコンに向かって、食費を稼いでいます。

毎朝のエクササイズ

朝のプーケットのチャロンダムの風景

朝は嫁さんと一緒にウォーキングをしたり、マウンテンバイクに乗ったり。
交通事故の心配もないで、山の上のダムに毎日行っています。

パンクの修理も自分で

昨日、初めてタイヤがパンクしました。
昭和育ちなので、パンク修理も自分でします。

プーケットで自転車のパンク修理

簿記の勉強は本腰を入れて!

簿記のテキスト

夕方は簿記の勉強をしています。
日本の一時帰国を8月末に計画して、チケットも購入したので、その時に簿記3級のネット試験を受けるつもりです。
すでに脳みそは50歳代後半の硬さなので、新しいことがなかなか覚えられません。
総勘定元帳とか、貸借対照表とか。
一時帰国が決まって、試験という目標ができて、ようやく本腰で勉強に取り組めるようになりました。

毎週日曜日には、実家にLINE電話

一週間に一度、日曜日には実家にLINE電話をするようにしています。
日本を勝手に飛び出した親不孝な息子なので、せめて電話くらいはしようと決めて、欠かさずしています。
うちは両親ともに健在で、ふたりともすでに80歳代後半になりました。
ただ、父親はもう耳がほとんど聞こえません。

母親は家で話をしようにも、父親が耳が遠いので、相談や愚痴が言えません。
私が週に1度くらいは、話相手になるのもよいのかな?なんて思っています。
LINEという海外でも無料で話せるツールができたことと、コロナ禍で時間がとれるようになったお陰かもしれません。

プーケットでもバドミントン指導

日本人の仲間とはもう10年くらい

プーケットで、日本人の仲間とバドミントン

プーケットで日本人の仲間と一緒にバドミントンを今も続けています。
もう10年近くなるのかな?
気が付いたら、もうみんな50歳以上になって、おジンとおバンのへなちょこバドミントンですが、毎週木曜日に集まって2時間ちょっと。
しっかりウォーミングアップもクールダウンもして、汗を流しています。

プーケットの子供たちにもバドミントンを教え始めました

最近になって、プーケットの日本人のお母さんと中学生の息子とその友達の3人に、バドミントンを教え始めました。
週に1日だけですが、コートで打つ時間は1時間。
でもその前にウォーミングアップや素振りもしっかりしています。
審判台の上に登って、布をもって、足の動きをいろいろ変えた素振りは、私に教わった人はもうご存知ですよね。

6歳と8歳の子供にバドミントンを教えます

今日からは、6歳と8歳の子供にもバドミントンを教え始めます。
身長は120㎝くらいだそうです。
ラケットの長さが60㎝ですから、ラケットが異様に長く見えるのかもしれません。
腕を伸ばしてラケットも上げて、やっとネットからラケットが出るのかな?
どんなふうなバドミントンになるのか?
将来のオリンピック選手を育てようかな?
ちょっと楽しみです。

コロナ禍でも前向きに!

コロナ禍になって、ダイビングの仕事は減ってしまいましたが、それでもプーケットで強かに生きています。
時間に余裕ができたこと、ダイビング以外に収入の柱を持つこと、を考え出したのが、コロナ前と大きな違いだと思います。
今日はダイビング以外の話題でしたが、こんなプーケットの生活を知ってもらうのもたまには良いのかな?と思っています。