今日はとても天気のよいプーケット
タイの気象庁に当たるところが、正式に先週から雨季に入ったという報道をしたそうです。
おそらく乾季の後に、暑季があって、それから雨季に変わったと言うことなんでしょうね。
風向きはもうずいぶん前に、雨季の西風に変わっていました。

タイの運転免許は5年間有効

さて今日はタイの運転免許の更新に行ってきました。
タイの運転免許は5年間有効です。
日本と同じように自分の誕生日が、有効期限となります。

タイの運転免許更新 プーケット陸運局事務所
プーケット陸運局事務所

更新手続きは、誕生日の半年前から

更新の手続きができるのは、誕生日の半年前から。
日本に比べるとずいぶんと早いでしょ。

まずはプーケットタウンにある、プーケット陸運局事務所というところに行きます。
もっていく書類は、パスポートの顔写真とビザのページのコピー。
それと私の場合はワークパーミットのコピーも持っていきました。
もちろん運転免許証も一緒に持っていきます。

タイの運転免許証
タイの運転免許証

タイの免許証は、車用とオートバイ用に分かれてます

書類のコピーは2部持っていきます。
というのも、タイの運転免許証は、車用とオートバイ用で分かれています。
上の写真の黄色い○で囲まれたところに、car と Motorcycle と書かれています。
日本のように1枚の免許証で、車もオートバイも特殊免許などもまとまっているのとは違います。
なので、いつも財布に2枚の免許証を入れておかなければなりません。

実は2ヶ月間、待たなければなりません

私は誕生日が9月なので、3月に書類をもってプーケット陸運局事務所に行きました。
受付のカウンターで書類を出すと、スタッフがチェックして、予約表とQRコードをくれました。
実は半年前に更新ができるのではなくて、2ヶ月間待たなければなりません。

dlt-elearnig
dlt-elearnig

そしてその待っている2か月の間に、タイの運転免許証更新のためのビデオを見なければなりません。
書類をチェックされたときに、QRコードをもらうのは、このeLEARNING(インターネットで勉強)を開くためでした。

講習ビデオは自宅で見ます

自分のパスポート番号と生年月日を入れると、1時間のビデオが流れます。
4つの章に分かれていて、途中には4択のクイズも組み込まれています。
ビデオを流しっぱなしで、見ない人を防止するためだと思います。
ただこのビデオ、タイ語と英語になっています。
両方理解できない人はどうするんでしょうか?

ビデオも見終わると、またQRコードが出てきます。
ビデオをちゃんと見た証拠ですね。
これをもって、予約表に示された2ヶ月後(誕生日の4ヶ月前)の指定された日に、再度プーケット陸運局事務所に行って、ようやく免許更新ができる仕組みです。

免許更新ですること

免許更新はいたって簡単。
すでに運転マナーなどのビデオを見たことは、確認されていますので、あとはフィジカルテストをします。

タイの運転免許更新 フィジカルテスト
フィジカルテスト

フィジカルテスト

フィジカルテストは2つ。
1つは、椅子に座ってアクセルとブレーキを踏み分けるテストです。
写真の黄色の○で囲まれた右側がアクセル、そして左側がブレーキです。
アクセルを踏むと、正面に緑のランプがつきます。
ランプが赤色に変わった瞬間に、ブレーキを踏みます。
急ブレーキのように、ぎゅっと踏むのがコツで、遅いとやり直しです。

もう一つは、色の見分け検査。
ピンクの○で囲った信号が、緑色、黄色、赤色に変わります。
その色を正しく答えられればOK。

日本のように、視力検査はありません。
眼鏡をかけていても、かけていなくても、チェックはされませんし、免許証にそれを記載する欄もありません。
たしか5年前はちゃんとした色覚検査をしていましたが、なくなったようです。

更新料金(約2,800円)の支払い

この2つのフィジカル検査が問題なければ、隣のカウンターで更新料金を支払います。
車用が、500バーツと手続き料が5バーツで、505バーツ
オートバイ用が、250バーツと手続き料が5バーツで、255バーツ
2つ合計で、760バーツですから、およそ2,800円になります。
日本は3,000円ですから、そう考えるとタイの運転免許証の更新料は高いかもしれませんね。

最後に写真を撮って終わり

最後に写真を撮ります。
椅子に座ってCanonの一眼レフカメラが構えていて、スタッフがシャッターを押します。
2分ほど待つと新しい運転免許証がもらえます。
これはとても早いです。

免許更新にかかった時間は、約1時間

運転免許証の更新にかかった時間はおよそ1時間。
前回は予約は必要なくて、プーケット陸運局事務所に行った日に更新ができましたが、ほぼ1日がかりでした。
日本もほぼ1日係ですね。
2か月待ちのは大変ですが、それでもプーケットのお役所仕事を考えると、1時間で免許更新が終わるのはとても早いと思います。

今日は欧米人をちらほらみかけました。
プーケットで生活していくうえで、運転免許証は必須です。
というもの電車や公共のバスがないプーケットでは、自分でバイクか車を運転しなければならないからです。
日本と同様に、タイでも運転免許証は身分証明証としても使うことができる便利なものです。
5年に一度の更新。
ちょっとドキドキしましたが、無事に終わってよかったです。