プーケット オープンウォーター講習

昨日からオープンウォーター講習がスタートしました。
初日の午後はプール実習。
お客さんは20歳代前半のお二人。
実は困ったことがありました。
それは日焼けです。

太ももにくっきり白黒の境目

ダイビング 日焼け

現代の日本の女性のお客さん(タイ人も)は、日焼けにとても敏感です。
10年後にシミになったりするので、若いときからのケアがとても大事なんですよね。
昨日のプール講習でも日焼け止めを全身に塗っていましたが、南国の太陽はそう甘くはありません。
レンタルウエットスーツが半袖半ズボンタイプと言うこともあり、太ももにはくっきりと白と黒の境目ができてしまいました。

ダイビング ラッシュガード

10年後のシミばかりでなく、スカートを履く女性にとっては、この白と黒の境目はとても許せるものではありません。
もう一度念入りに日焼け止めを塗ったり、ウエットスーツの股上を引っ張ったりと工夫をするのですが、あまり効果がありませんでした。
実はコロナ前は、ロングウエットスーツの貸し出しをしていました。
ただ今はレンタルショップが店を閉じてしまったため、どうしてもレンタルウエットスーツは半そで半ズボンタイプだけになってしまいます。

日焼けが心配で、ダイビングに集中できません

ダイビング講習をしていても、気になるのは日焼けのことばかり。
こうなったらプール実習をいったん休憩して、ラッシュガードやスパッツを買いに行こう!
と言うことになり、プールから上がって、隣にあるダイビングショップに駆け込みました。
ただ「濡れた水着では試着はできません。」
「でもお店は夕方6:30まであいていますよ」
とスタッフに言われて一安心。
これで明日からは日焼けを心配せずにダイビングができることがわかって、プール実習にも身が入るようになりました。

プーケットの水温は29℃~30℃

プーケットの海は水温が、1年を通じて29℃~30℃くらい。
日本からのお客さんは、入った瞬間に「温かいですね。」とおっしゃいます。
そのため、レンタルウエットスーツは、どこのショップも半そで半ズボンタイプを用意しています。
半そで半ズボンタイプでも決して寒くはありません。

ただサンゴなどに脚が当たって、けがを防止する意味では、長袖長ズボンの方が安心です。
また脂肪の少ない、痩せ型の方は、やはり長袖長ズボンの方が寒くは感じません。
そして日焼け防止にもなります。

スパッツ・ラッシュガードのメリット

長袖長ズボンのロングウエットがレンタルできなくなったので、今回のお客さんのように、スパッツやラッシュガードを半そで半ズボンタイプのウエットスーツの下に着ることはお勧めです。
日焼けを防止するだけでなく、ある程度怪我も防止できます。
そして今後長袖長ズボンタイプのウエットスーツを着る時でも、その下にスパッツやラッシュガードを着ておくと、保温性が高まるだけでなく、なによりウエットスーツが着やすくなるメリットがあります。

ダイビングで長袖長ズボンのウエットスーツを着たことがある方はお分かりだと思いますが、何とも着にくいものです。
それが5mmと言った厚手の物になればなるほど、体型に合わせたオーダーメイドになればなおさら、もうロングウエットスーツを着るのが大変です。
人によっては10分くらいかかって、着終わる頃には汗だくで、もうへとへとです。
その点、スパッツやラッシュガードを着ておくと、ウエットスーツが滑って、するっと着ることができます。

ダイビングショップで売っているスパッツやラッシュガードは、ダイビングの時だけでなく、海のレジャーや夏場のプール、時にはフィットネスクラブなどでも着ることができるので、1枚あると意外と便利です。

主なメーカー

最近はとてもおしゃれなものが多くなりました。
私たちのダイビング関係者がよく着ていたり、プーケットダイビングボート上のお客さんが着ているメーカーをご紹介します。

まずは日本のダイビングメーカーで、GULLです。フィンやマスクはとても品質が良いですが、ウエアも人気があります。
https://gull.kinugawa-net.co.jp/

最近はWater Proという香港のメーカーが、人気があります。
若い女性の間でフリーダイビング(素潜り)がはやっているのか、このWater Proのラッシュガードを着ている人をよく見かけます。
https://www.water-pro.net/

あと韓国の水着メーカーBARRELというのも、お洒落なものが多く目にすることが多いです。
https://www.buyma.com/brand/BARREL-%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%AB.html

それ以外には、サーフィンで有名なBILLABONG
https://www.billabongstore.jp/

RIP CURL
https://ripcurl.jp/

や、QUICK SILVER
https://www.quiksilver.co.jp/

それに、女性ものではROXY
https://www.roxy.jp/

などが有名ですね。
私も今でこそ、こんなダイビングやサーフィンのファッションメーカーがわかるようになりましたが、40歳でダイビングの仕事に就いた時は、HANG TENのサーフパンツをはいていた覚えがあります。
https://hangten.com/

これも立派なサーフィンのメーカーですが、いまではプーケットで目にすることはありません。
若者は HANG TEN なんて知らないかもしれません。

最近はネットショッピングで、簡単に購入ができます

日本にもダイビングショップはいっぱいありますし、ムラサキスポーツなどでもこういったスパッツやラッシュガードが売っているようです。
もっとも最近はネットショップで購入する人の方が多いかもしれません。
日焼け防止やけが防止、それに寒さ対策や、ウエットスーツの着やすさ向上などから、こんなスパッツやラッシュガードの購入をお勧めしたいとも思います。