今日も爽やかな天気のプーケットです。
ただ気象情報では、朝から午前中いっぱいは雨のマークになっているのが不思議です。

あくびをする

さて先日の耳抜きの続きです。

ダイビングの耳抜きの方法 あくび

つばを飲み込むという方法以外にも、あくびと言う方法があるのをご存じでしょうか?
顎を動かすことで耳が抜けます。
飛行機などで耳が痛くなった経験が無い方は、この方法で抜いていることもあるはずです。

これも便利な方法です

これもつばを飲み込むのと同じように、手を使わずにすみます。しかもつばが出ないという心配がないので、とても便利な方法です。

ただ陸上ではいいのですが、ことダイビング中はマウスピースを噛んでいなければならないので、あくびをしてしまうとレギュレーターが外れてしまいます。

しかも海の中で大きく口を開ければ、当然水を飲んでしまいますね。

水の中では違う方法で

なんだ残念、あくびは使えないのか?と思わないでください。
顎を動かすことで耳が抜けるので、口を大きく開けるのでなく、顎を左右に動かすだけでも十分に効果があります。
私は耳が抜けやすいタイプなのですが、マウスピースをぐっと強く噛むだけでも耳が抜けます。

こんな人もいます

ダイビングの耳抜きの方法 ガムをかむ

耳抜きが苦手な人で、ダイビングをする前に飴をなめたり、ガムを噛んでいる人がいますが、つばを出したり顎を動かす練習をしているんだと思います。

この方法もぜひ試してもらい耳抜きのひとつです。

この記事を最後までご覧いただきありがとうございます。
少しでも皆さんのダイビングスキルアップの、お役に立てたらうれしいです。
またもしこの記事が気に入って頂けましたら、下にありますSNSボタン(B!)を押していただけると、はてなブックマークを通じて、多くの方に紹介されるきっかけになります。
これからもより良い記事を書き続けるために、ご協力をお願いします。

グリーンダイバープーケット 奈良 イラスト

プーケットでダイビングなら1日1組【グリーンダイバープーケット
ショップは、Google口コミ446件で、平均☆5.0
教え方が好評な日本人インストラクターが担当します
お問い合わせはこちら