プーケット 体験ダイビング ラチャノイ島 ラチャヤイ島 ツアー

日本がお盆休みに入ったのかな?
ダイビングの港には、何組もの日本人のお客さんを目にすることができました。
日本のお客さんがたくさんいると思うだけで、なんだかうれしくなります。

さて今日ご案内した私のお客様は、まだ20代前半のお二人。
大学時代の友人だそうです。
ご案内したのは、ラチャノイ島体験2ダイビング
ラチャヤイ島体験2ダイビングと迷われていたのですが、ダイビングボートが大きい事と、追加ダイビングもできることで、ラチャノイ島体験2ダイビングにされたそうです。
★直筆のお客様の感想は、お客様の声で掲載中★

2022年8月9日 プーケット ラチャノイ島 ラチャヤイ島 体験ダイビング

以前に沖縄で1本だけ体験ダイビングをしたことのあるお二人。
その時は浅場の光が入るような、洞くつみたいなところを潜ったと言っていました。
ただインストラクターに掴まれて、泳いだそうです。

今回は、こんな風に、自分の力で浮力をとって、本格的なダイビングを経験してもらいました。
これは1本目の潜りたて。水中でスレートを使って、ちょっとアドバイスすると、もうこんな風に泳げるようになりました。
さすが若いですね。呑み込みが早いです。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビング

今日の1本目は、プーケットラチャノイ島のバナナベイ。
こんなサンゴの上に、水色で可愛らしいスズメダイが群れている、癒し系の代表的なダイビングポイントです。
ちょっとまだ泳ぎは安定しませんが、スズメダイの群れを見て楽しむことができました。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビング

これは、小さくて透明キラキラしているグラスフィッシュ。
サンゴの根の上いっぱいを覆うように群れていました。
きれいですね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビングで見た、グラスフィッシュ

これは2本目のダイビングポイント。
ラチャノイ島のバナナベイ南です。
ボートマスターが潜るポイントを工夫して、ここになりました。
このポイントは大きな岩が、湾の両サイドにあるポイントです。
1本目が終わった後に、写真を見ながらもう一度、泳ぎ方のアドバイスをしたので、泳ぎが安定してきました。
こんな岩場もすいすい、でも岩の下は、20m位の深場になっているんですよ。
上手に浮力をとって泳げていましたね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビングで岩の上もすいすい

これきれいに群れているインディアンダッシラス。
インド洋の固有種です。
あまり他の船が入らないポイントなので、こんな景色を見ることができます。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビングでみた、インディアンダッシラス

こちらは、浅場の景色。
サンゴが生き生きしています。
その上にオレンジ色や水色のスズメダイがとてもきれいですね。
2本目になって、泳ぎにも余裕が出てきました。
写真の撮られ方も少しずつ上手になってきましたよ。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビングでみた、サンゴ

こちらは3本目に潜った、プーケットラチャヤイ島のNo1ベイ。
2本潜った後に楽しかったので、追加ダイビングを希望されました。
こんなブロックの上も上手に泳げているでしょ。
上半身がリラックスしていて、目線も前をしっかり向いていますね。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビング

これはリクエストだった沈バイク。
私のブログをしっかりチェックしていたようで、3本目にラチャヤイ島潜ると決めたので、ご案内しました。
でもちょっと流れがあって、ここまで来るのになかなか泳いでも進まずに苦労しました。
でも沈バイクを見られてよかったですね。
バイクにまたがった写真も何枚も撮影しましたよ。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビングで見た、沈バイク

今日はタイワンカマスの群れにも出会いました。
これは潜る前にブリーフィングで話していた魚です。
群れの中にぐっぐっと入り込んで、「魚と目が合った」とお客さんが話していました。
群れを目の前で見れて、たくさんの魚に囲まれて楽しそうでした。

プーケットのラチャノイ島とラチャヤイ島で体験ダイビングで見た、タイワンカマス

今日は波はちょっとあって、行きの船は横になって休んでもらいました。
島に到着した時は、激しいスコールにぶつかりましたが、潜り始めるころには雨も上がって、時折日差しも挿し込む天気。
透明度もまずまず。
魚もたくさん見られて、プーケット体験ダイビングをばっちり楽しんでいただけました。
またチャンスがあったら、プーケットに潜りに来て下さい。
お待ちしています。