今日、プーケットダイビングにご案内したのは、研修で東南アジアを調査されているO様。
以前にもプーケットでダイビングをしたことがあったそうですが、その時は友人と一緒だったので、コーラル島で体験ダイビングと一緒にちょっと潜っただけだったそうです。
そんなO様とダイビングの行先を相談して決定したのが、マリンパーク3ファンダイビング
以前にフィリピンで沈船に潜って印象が良かったことと、洞窟にも潜ってみたいというリクエストがあったので、ここに決めました。
★お客様のダイビングの直筆の感想を、お客様の声に掲載中★

そんなO様と1本目に潜ったのは、プーケットを代表する沈船ポイント、キングクルーザー
今日は少し流れがあったので、写真のようにサンゴのポリープが開いて、船全体がとても華やかでした。
O様はGoProを持参。
ハウジングをプーケットで購入して、サンゴや魚影を楽しく撮影していました。

これは流れの上に当たった船首の上部甲板。
ちょうどカーフェリーの車の搬入口の上あたりになります。
沈没してから10数年が経って、今ではすっかりソフトコーラルが華やかなポイントにもなりました。
黄色に見えるイボヤギが鉄板を覆っていて、今日はとてもきれいでしたよ。
イボヤギがこんなにきれいに見えるのは、キングクルーザーが一番ではないでしょうか?

白色のサンゴに紫色のサンゴ、それにイボヤギの黄色と本当にカラフルです。
その上をキンセンフエダイの黄色の大群や、リボンスズメダイの黒色や、灰色の身体も色の引き立て役になっています。
透明度がそれほど良くなかったのが残念ですが、それでも十分に魚の群れやソフトコーラルの華やかさを感じていただけました。

2本目に潜ったのは、プーケットのアネモネリーフ。
今日は上げ潮いっぱいの流れが止まっている条件もあって、ツアーリーダーがみんなと相談をしてアネモネリーフに潜ることにしました。
普段潜っているシャークポイントもよいのですが、違ったダイビングポイントを潜るのも楽しいですね。
今日は入ってすぐにトラフザメにも出会うことができました。
お客様もトラフザメの目と鼻の先で、撮影することもできました。

しばらくするとトラフザメが泳ぎ始めてくれました。
誰かが脅かしてしまったのかな?
ちょっと透明度が良くないので、きれいに見えないのが残念ですが、長いしっぽがきれいに左右に揺れ動く姿は、とてもきれいでした。

これは、深場にある飛び根。
水深は20mくらいのちょうど潮が当たる場所にあるので、こんなソフトコーラルがとても華やかです。
そこに写真のようなフタホシフエダイや、バラクーダなどが群れているのもとてもきれいです。

シベロンバラクーダの群れが通過したところを動画で撮ってみました。
銀色の身体をギラギラさせて、行儀よく並んで泳ぐのがこの魚の特徴。
このサイズになると、やっぱりカマスと呼ぶよりバラクーダという方がかっこいいです。

アネモネリーフの深場は透明度がもう一つでしたが、浅場にあげると透明度もよくなって、こんなイソギンチャクが根を覆う景色を楽しむことができました。
アネモネリーフのアネモネ(Sea Anemone)は、イソギンチャクの意味。
根のトップ一面をイソギンチャクが覆っているのは、とても見事です。

久しぶりに入ったアネモネリーフですが、浅場にはキンセンフエダイの群れがそれは見事でした。
ピピ島のビダノック並み、と言ったらおかしいのですが、以前よりも群れの数が2~3倍に増えていたような気がします。
動画でも写っていますが、群れの中にコガネシマアジやカスミアジが入るたびに、群れの向きが上下左右に揺れるのは本当にきれいです。

これはお客様の希望だったドクマイ島の洞くつ。
同じ船の他のダイバーたちが、手前の奥に長い洞窟に入っていったので、こちらの洞口には1番乗りで入ることができました。
誰も入っていない洞窟は、透明度も良くて、青い世界がはっきりとわかります。
船の上で事前にブリーフィングしていたのが、この写真。
シルエットがきれいですね。

ハナミノカサゴが岩壁を泳いでいたので、こんな写真を撮ってみました。
ハナミノカサゴは日本のお客様は、日本の海でよく見かけることができるので、反応が薄いですが、欧米人はライオンフィッシュと言って、もう大好きです。
光を当てると少し赤みがかって、華やかな魚です。
きれいな魚には毒がある、という言葉の代名詞にもなっているように、触ると大変なことになるそうなので、注意が必要です。

これはドクマイ島の浅場のウミウチワがきれいな場所。
ドクマイ島は潮の流れがきついポイントでもあるので、こんな黄色や赤いウミウチワを見ることができます。
浅場にあるので、光が入って、より色がはっきりと見えます。

久しぶりのダイビングだったお客様ですが、それでもしっかり相談をして、今日はマリンパーク3ファンダイビングにご案内しました。
トラフザメをみたり、キンセンフエダイの大群を見たり。
透明度も浅場はとてもきれいだったので、お客様にも満足していただけてうれしかったです。
これからもチャンスがあれば、ぜひダイビングを続けてほしいです。
そしてまたプーケットの海に潜りに来てください。
お待ちしています。

1クリックにご協力ください!
こちらもお願いします!